白鳥-秋のドライブ満喫コース
白山文化の里をゆく、
秋の紅葉ドライブ満喫コース

日本の滝100選にも選ばれている阿弥陀ヶ滝は、1年を通して多くの人が訪れる郡上の名所です。

道の駅では地元特産品などを多く取り扱っており、楽しく買物していただけます。

白山文化の里、白鳥エリアをめぐるコースです。阿弥陀ヶ滝は「日本の滝100選」に選ばれている名瀑で、滝壺近くでは、降り注ぐミストが心地良いです。県道314号沿いのドライブで紅葉を堪能して、最後はロケーション抜群の満天の湯につかって心を癒してください。

白山文化の里 長滝(食事・買物)
車アイコン
15分
阿弥陀ヶ滝
車アイコン
10分
石徹白への道(県道314号)
車アイコン
10分
満天の湯

白山文化の里 長滝(食事・買物)

物産館、観光案内所、漁業体験までできる複合施設

長良川の最上流部にある道の駅です。朝市をはじめ、物産館や観光案内所などの休憩施設となっています。漁業体験を通じて、楽しく学べる「あゆパーク」、白山文化を紹介する「白山文化博物館」が併設されています。秋は、対岸の山全体が紅葉し、長良川とともに綺麗な紅葉が楽しめます。地域特産品などのショッピング、ファーストフードコーナー、レストラン里川では、鮎料理の他にも、郡上産自然薯やとんかつなどの定食、丼、麺類なと幅広いメニューを取り揃えております。

世界農業遺産となった「長良川の鮎」について楽しく学べる「あゆパーク」、白山文化を紹介する「白山文化博物館」が併設されており、見どころ満載です。

地元特産品などを多く取り扱っており、楽しく買物していただけます。

道の駅対岸の山全体が紅葉し、長良川と共に綺麗な紅葉が楽しめます。

車 15分

阿弥陀ヶ滝

見頃:10月下旬~11月上旬

滝壺付近まで歩いていける東海一の名瀑

日本の滝100選 岐阜県名水50選の阿弥陀ヶ滝は落差約60m、東海一の名瀑。滝壺のすぐ近くまで遊歩道があります。名前の由来は、室町時代天文年間に、白山中宮長瀧寺の僧が、護摩修行中に阿弥陀如来が現れたことからその名がついたといわれています。葛飾北斎が浮世絵「諸国瀧廻り」で描いているのは有名です。

日本の滝100選にも選ばれている阿弥陀ヶ滝は、1年を通して多くの人が訪れる郡上の名所です

秋深い山の色彩と名瀑の存在感はまさに絵画のようです。

遊歩道で滝壺近くまでいくことができ、マイナスイオンを感じることができます。

車 10分

石徹白への道(県道314号)

標高960mから臨む紅葉

岐阜県道314号石徹白前谷線は、郡上市石徹白地区と白鳥中心部を結ぶ重要な交通路です。前谷側の日本の滝100選の名瀑「阿弥陀ヶ滝」周辺にある、標高960mの「桧峠」から臨む紅葉が綺麗です。見頃は、10月中下旬ごろから11月中旬。石徹白は、1958年(昭和33年)まで福井県大野郡の一部でしたが、岐阜県郡上郡白鳥町に越県合併しました。かつては、石徹白前谷線の中間点の桧峠が県境でした。

針葉樹と広葉樹とのコントラストが抜群です。

山一面の紅葉と見晴らしの良い景は、見ている人を魅了します。

紅葉シーズンには、ぜひともドライブしたいオススメのスポットです。

車 10分

満天の湯

見頃:10月下旬~11月上旬

山全体が紅葉して、和の風情が漂う温泉

泉質は、ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩温泉(中性低張性温泉) 。神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・慢性消化器病・痔疾・冷え症・病後回復期・疲労回復・健康増進・きりきず・やけど・慢性皮膚病に効能があります。個室露天風呂・露天風呂・内風呂・サウナ・休憩軽食コーナーも備えています。

良質な日本有数の炭酸水素塩温泉。

山全体が紅葉して、和の風情が漂う抜群のロケーション。露天風呂からの眺めは絶景です。

サウナや個室露天風呂など、設備も充実。

周辺マップ

モデルコースの
リクエスト

リクエスト

郡上の楽しみ方をもっと知りたい方は、モデルコースの作成をTABITABI郡上編集部にご依頼ください。「史跡を巡るモデルコースを知りたい」「秋に巡るモデルコースを知りたい」など、リクエストにお応えし、今後のモデルコースのラインナップに加えていきます。

※編集会議にて企画しますので、全てが掲載されるわけではありません。 ご理解ご協力いただきますようお願いいたします。