城下町から山里へと秋を巡るコース
城下町から山里へ、
多彩な秋を感じるモデルコース

約100本ものモミジに彩られる郡上八幡城。天守閣を包むように染まる紅葉は「天守炎上」とも形容される美しさです

境内は、落ち着いた雰囲気で心が癒されます

城下町である郡上八幡から自然豊かな山里の和良エリアまでのコース。紅葉の名所である郡上八幡城に始まり、大乗寺、慈恩禅寺荎草園と、城下町の歴史深いエリアを回ることができます。道の駅もあり、お土産には困りません。下呂方面へのご旅行の立ち寄りには便利コースです。

郡上八幡城
車アイコン
5分
大乗寺
徒歩アイコン
徒歩
10分
昼食(八幡市街)
徒歩アイコン
徒歩
15分
慈恩禅寺 荎草園
車アイコン
45分
和良道の駅(ちんちろ屋)

郡上八幡城

見頃:10月下旬~11月上旬

天守炎上とも形容される美しさ

戦国時代末期の永禄2年(1559年)、遠藤盛数が戦の為の陣を置いたのが郡上八幡城の始まり。遠藤氏、稲葉氏、井上氏、金森氏、青山氏が歴代の城主としてこの地を治めました。明治4年、廃藩置県により廃城となった後、石垣を残して取り壊されたが、昭和8年(1933年)に模擬天守を再建(日本最古の木造再建天守)。城郭一帯は県の史跡、天守は市の有形文化財に指定されています。近年は朝霧浮かぶ姿から「岐阜の天空の城」としても人気を集めています。「続日本100名城」に選定されています。

100本以上のモミジに彩られる郡上八幡城。天守閣を包むように染まる紅葉は「天守炎上」とも形容される美しさです

紅葉の見頃に合わせ、夜のライトアップも行われます。

照らされた紅葉は、昼間見る紅葉とは異なる魅力が。一年のほんの短い期間しか見ることのできない、貴重な姿をぜひご覧ください

車 5分  車を市内駐車場に駐車

大乗寺

見頃:10月下旬~11月上旬

紅葉が見事に彩る山門

大乗寺は郡上八幡を流れる小駄良川沿いにあります。幾多の大火をくぐりぬけた山門は1804年(享保4年)のもので、重要文化財の指定を受けています。山門をくぐるだけで心が洗われるかのような気持ちになります。境内はもみじに囲まれており、特に秋の燃えるような紅葉は必見!その素朴な佇まいに癒されること間違いなし。

境内は、落ち着いた雰囲気で心が癒されます

大きなもみじの木が燃えるように紅葉する様は必見です

重要文化財の指定を受けている山門を、紅葉が見事に彩ります

徒歩 10分

昼食(八幡 市街地)

徒歩 15分

慈恩禅寺 荎草園

見頃:10月下旬~11月上旬

水琴窟の音色を聞きながら眺める庭

1606年(慶長11年)、時の郡上八幡城主遠藤慶隆が開基となり、妙心寺円明国師の高弟半山和尚を迎え、釈迦如来を本尊として創建された古刹です。奥庭の荎草園(てっそうえん)は、江戸時代初期に初代半山禅師によって作庭されました。苔むす園内には、多数の"もみじ"が配され、池中央に「弁財天」が祀られています。岩山を背景とし池の周囲にモミジを加え、響き渡る滝の音が幽玄で豪壮な雰囲気を醸し出します。自然の美と静寂の中に調和する水琴窟の音色に心洗われて、癒されるオアシス的空間です。

水琴窟の音色を聞きながら庭を眺めてゆっくり過ごすと、つい時間を忘れて長居をしてしまいます。

苔むす園内には、多くのもみじが配され、郡上随一の紅葉を楽しむことができます。

池の周りの真っ赤に色づいたもみじに、滝の音が響く荘厳な空間は、豪壮な雰囲気を醸し出します。

車 45分  駐車場から車で出発!

和良道の駅(ちんちろ屋)

旬の食材が揃うお店

日本一元気で小さな物産販売所

道の駅に和良にある日本一元気で小さな物産販売所。名物の「珍千露・長寿だんご」は豆腐をベースにしたやわらかい団子で、子供からお年寄りまで人気があります。和良町で採れた秋の味覚の栗や、秋しか食べられないお漬物「赤たつ漬け」、そのほか採れたての新鮮な野菜などが並びます。赤たつ漬けとは、里芋「ヤツガシラ」の茎を塩漬けしたもので、リピーターさんも多く、すぐに売り切れてしまう人気商品です。(1袋540円(税込み))

自然豊かな和良エリアの、旬の食材を取り揃えています。

毎年買い求める県外のファンもいて、この時期の人気商品となっています。

和良町の綺麗な空気と水で育った栗は絶品。

周辺マップ

モデルコースの
リクエスト

リクエスト

郡上の楽しみ方をもっと知りたい方は、モデルコースの作成をTABITABI郡上編集部にご依頼ください。「史跡を巡るモデルコースを知りたい」「秋に巡るモデルコースを知りたい」など、リクエストにお応えし、今後のモデルコースのラインナップに加えていきます。

※編集会議にて企画しますので、全てが掲載されるわけではありません。 ご理解ご協力いただきますようお願いいたします。