郡上八幡城

郡上八幡城

ふと見上げればいつもそこにある
町のシンボル、郡上八幡城

ふと見上げればいつもそこにある
町のシンボル、郡上八幡城

郡上八幡の町を訪れると、さまざまな場所で目にとまるのが、城下町を悠然と見下ろす郡上八幡城です。永禄2年(1559年)、遠藤盛数が八幡山に砦を築いたことに始まります。盛数の子であり、信長・ 秀吉・家康に仕えた遠藤慶隆が江戸時代に初代藩主となり、城を整備して城下町を形成しました。

以来5家19代にわたって引き継がれた後、明治維新の廃藩置県とともに廃城に。石垣を残して取り壊されてしまいましたが、昭和8年(1933年)に木造4層5階建ての模擬天守閣が全国のお城復興のさきがけとして再建され、日本最古の木造再建城として知られています。現在の城郭一帯の石垣すべてが県の史跡に、天守閣は市の有形文化財に指定されています。城下町の発展と人々の生活の営みを長らく見守ってきた郡上八幡城。町の人々にとっても、その存在は当たり前でありながら、大切で心強いものです。

郡上八幡の町を訪れると、さまざまな場所で目にとまるのが、城下町を悠然と見下ろす郡上八幡城です。永禄2年(1559年)、遠藤盛数が八幡山に砦を築いたことに始まります。盛数の子であり、信長・ 秀吉・家康に仕えた遠藤慶隆が江戸時代に初代藩主となり、城を整備して城下町を形成しました。以来5家19代にわたって引き継がれた後、明治維新の廃藩置県とともに廃城に。石垣を残して取り壊されてしまいましたが、昭和8年(1933年)に木造4層5階建ての模擬天守閣が全国のお城復興のさきがけとして再建され、日本最古の木造再建城として知られています。現在の城郭一帯の石垣すべてが県の史跡に、天守閣は市の有形文化財に指定されています。城下町の発展と人々の生活の営みを長らく見守ってきた郡上八幡城。町の人々にとっても、その存在は当たり前でありながら、大切で心強いものです。

0/0

美濃和紙を使った御城印

白亜の山城と眼下に広がる城下町
季節ごとの美景を求めて訪れたい

郡上八幡城のことを「日本で最も美しい山城」と評したのは作家・司馬遼太郎。著作『街道をゆく』に書き残したその美しさを、間近で堪能することができます。とくに「絶景スポット」の表示がある場所から見上げる城の姿は壮麗。間近に迫る石垣と白亜の天守閣の組み合わせが迫力満点で、人気の撮影ポイントです。また、天守閣の最上階から眺める城下町は、山々と吉田川に囲まれた町並みが魚の形に見えると言われており、まるで一枚の絵画のような美しさ。郡上八幡城や町に関する展示資料を見学したり、美濃和紙を使った御城印 (来城記念証)を入手することもできます。

白亜の山城と眼下に広がる城下町
季節ごとの美景を求めて訪れたい

郡上八幡城のことを「日本で最も美しい山城」と評したのは作家・司馬遼太郎。著作『街道をゆく』に書き残したその美しさを、間近で堪能することができます。とくに「絶景スポット」の表示がある場所から見上げる城の姿は壮麗。間近に迫る石垣と白亜の天守閣の組み合わせが迫力満点で、人気の撮影ポイントです。また、天守閣の最上階から眺める城下町は、山々と吉田川に囲まれた町並みが魚の形に見えると言われており、まるで一枚の絵画のような美しさ。郡上八幡城や町に関する展示資料を見学したり、美濃和紙を使った御城印 (来城記念証)を入手することもできます。

白亜の山城と眼下に広がる城下町季節ごとの美景を求めて訪れたい

郡上八幡城のことを「日本で最も美しい山城」と評したのは作家・司馬遼太郎。著作『街道をゆく』に書き残したその美しさを、間近で堪能することができます。とくに「絶景スポット」の表示がある場所から見上げる城の姿は壮麗。間近に迫る石垣と白亜の天守閣の組み合わせが迫力満点で、人気の撮影ポイントです。また、天守閣の最上階から眺める城下町は、山々と吉田川に囲まれた町並みが魚の形に見えると言われており、まるで一枚の絵画のような美しさ。郡上八幡城や町に関する展示資料を見学したり、美濃和紙を使った御城印 (来城記念証)を入手することもできます。

0/0

四季折々の郡上八幡城

春の桜、初夏の新緑、
秋の紅葉、冬の雪化粧と
四季折々に表情を変える
郡上八幡城や城下町。

0/0

SPRING

SUMMER

AUTUMN

WINTER

城のある山頂から霧に包まれる
城下町を見下ろす景色

郡上八幡城の紅葉

城のある山頂から霧に包まれる
城下町を見下ろす景色

郡上八幡城の紅葉

霧が出ている日は、城のある山頂から霧に包まれる城下町を見下ろすのもおすすめ。とくに早朝は幻想的ですよ。紅葉が最盛期を迎える11月中旬の数日間は、天守閣が燃えるようなもみじに包まれることから「天守炎上」と呼ばれ、息をのむ美しさです。

霧が出ている日は、城のある山頂から霧に包まれる城下町を見下ろすのもおすすめ。とくに早朝は幻想的ですよ。紅葉が最盛期を迎える11月中旬の数日間は、天守閣が燃えるようなもみじに包まれることから「天守炎上」と呼ばれ、息をのむ美しさです。

郡上八幡城 スポット情報を見る