阿弥陀ヶ滝・白山文化博物館コース
ナチュラル&リラックス
名瀑・阿弥陀ヶ滝と白山文化を訪ねるリトリートの旅

国の重要文化財に指定されている石燈籠がある白山長瀧寺。

マイナスイオンたっぷりのスポット阿弥陀ヶ滝。

岐阜県重要文化財に指定されている「粟に鶉」と「竜と脇障子」の彫刻。

平成29年に開山1300年を迎えた白山は、富士山、立山と並び、日本三霊山と言われています。森林に包まれ、研ぎ澄まされた空気のなか、心を潤すパワースポットへ。白山信仰にまつわる神聖な社寺や滝、マイナスイオンに包まれる白鳥エリアを巡りながら、忙しい毎日をしばし忘れて、身も心もパワーチャージするリトリートの旅はいかがでしょう。

長滝白山神社・白山長瀧寺
徒歩アイコン
徒歩
5分
白山文化博物館
車アイコン
15分
阿弥陀ヶ滝
徒歩アイコン
徒歩
10分
郡上野菜とタイごはん Tharat(タラート)
車アイコン
10分
白山中居神社
車アイコン
10分
天然温泉・満天の湯

長滝白山神社・白山長瀧寺

白山三馬場のひとつ
「美濃馬場」
山岳信仰の霊場の雰囲気を全身に感じる

奈良時代初め泰澄(たいちょう)大師により創建され、鎌倉、室町時代を中心に隆盛を極め、多くの白山信仰ゆかりの文化遺産が残っています。参道を進むと、堂々とした本殿や拝殿、国の重要文化財に指定されている石燈籠が現れます。日本各地に点在する白山神社の中でも、中心的な神社の一つであり、白山信仰における修験霊場への東海側からの登拝路(美濃禅定道)の拠点として、三馬場の一つに定められています。特に平安から室町時代まで多くの参拝者で賑わい、「上り千人、下り千人、ふもと千人」といわれた白山信仰の歴史を偲ぶことができます。古くは白山中宮長瀧寺と称しましたが、明治時代の神仏分離の際に神社と寺に分かれました。敷地内にある「白山龍宝殿」では、長滝白山神社や長瀧寺・阿名院に伝わる神像や仏像を拝観できます。
※神社周辺は、冬場には雪深くなるエリアです。ノーマルタイヤでの参拝は危険な場合があります。

美しい緑に囲まれた境内。

長い塀に囲まれた神門。大将軍社、白山三社(越南智社、白山大御前社、別山社)、若宮社の五社殿が並ぶ。

<C_010>阿弥陀ヶ滝・白山文化博物館コース「ナチュラル&リラックス名瀑・阿弥陀ヶ滝と白山文化を訪ねるリトリートの旅」

境内の左手に見えるのが、白山長瀧寺。

徒歩 5分

白山文化博物館

白山文化の里のシンボル施設
白山信仰と地域の歴史を知って旅をもっと楽しもう!

美濃馬場ゆかりの文化財や歴史民俗資料を展示する「白山文化博物館」は、霊峰白山をイメージした三角屋根の建築が特徴的な建物です。館内では白山登拝の魅力を紹介する大型映像をはじめ、文化財展示室で長滝白山神社所蔵の古楽面や「正和の壺」など白山信仰ゆかりのさまざまな文化財がご覧いただけます。また周辺の白山信仰に関するスポットや葛飾北斎の描いた『木曽路ノ奥阿弥陀ヶ滝』の浮世絵も紹介しています。他にも、ふるさと生活展示室の白山麓の山里の暮らしを伝える古い道具類や、歴史民俗展示室で郡上宝暦騒動の傘連判状などもご覧いただけます。ここに立ち寄って、白山をめぐる歴史や文化について知識を深めれば、この先の旅がもっと充実すること間違いありません。
※展示される文化財は適宜入れ替えを行っています。

白山の三峰をイメージした外観が特徴的な「白山文化博物館」。

館内のインフォメーションプラザでは、白山を源とする川のほとりに設けられた白山三馬場とゆかりの地を写真パネルで紹介。

テーマ展示室では、迫力ある大型映像により白山の魅力を感じることができる。

車 15分

阿弥陀ヶ滝

マイナスイオンに包まれる!
パワースポット、
名爆・阿弥陀ヶ滝

阿弥陀ヶ滝は、落差約60m、幅約7mの東海一の名瀑です。水の神・白山を源にする、長良川最上流にあり、新緑から紅葉まで、美しい姿を見ることができる景勝地です。「阿弥陀」という名前からもわかるように、かつて白山信仰の修行の場でもあった神聖な滝は、泰澄が発見したといわれています。江戸時代には葛飾北斎の浮世絵「諸国瀧廻り」にも描かれたほどの美しさ。大きな高低差から一気に打ち付けられる迫力満点の滝はもちろん、滝壺に至るまでの遊歩道は緑に囲まれて美しく、森林浴も楽しめます。夏でも涼しく感じる、マイナスイオンたっぷりのスポットで、深呼吸すれば心も癒されます。10月下旬頃からは、美しい紅葉も楽しむことができますよ。

落差約60mの名瀑。水しぶきを浴びながら見上げる滝は迫力満点。

夏でもひんやりとした空気に包まれ、マイナスイオンを全身で感じることができるパワースポット。

<C_010>阿弥陀ヶ滝・白山文化博物館コース「ナチュラル&リラックス名瀑・阿弥陀ヶ滝と白山文化を訪ねるリトリートの旅」

滝壺の近くまで歩道が続いているため、その迫力を間近で感じられます。足元はスニーカーなど歩きやすい靴がおすすめです。

徒歩 10分

タイ料理屋「郡上野菜とタイごはん Tharat(タラート)」

夏だけオープンする郡上野菜とタイごはんが楽しめるお店
郡上野菜とタイごはん Tharat

阿弥陀ケ滝の駐車場から滝までの途中、赤い橋の手間にある「タイ料理屋さん」。ペーストから手作りされたグリーンカレー、ホーリーバジルを使ったガパオライスやガイヤーン(タイ風焼き鳥)など、郡上産の野菜を使った本格的なタイ料理を味わうことができるお店です。可愛らしい外観のお店は、緑に囲まれて雰囲気も最高!ドリンクをテイクアウトして滝まで散策するのも良いですね。営業は毎年ゴールデンウィーク頃から9月末まで。営業日は時期により変わり、悪天候の日はお休みのこともありますので、お店のフェイスブックやインスタグラムをチェックしてお出かけください。橋の向こう側には有名な流しそうめんのお店「あみだが滝荘流しそうめん」もあり、夏には大勢のお客様で賑わいます。

郡上産の野菜をたっぷり使った本格的なタイ料理。

お店の営業は夏季限定。不定休なのでお出かけ前にSNSなどでチェックしてください。

オープンエアーの客席は気持ち良い風を感じることができる。

車 10分

白山中居神社

厳かな雰囲気に包まれて。
白山信仰の聖域、石徹白エリアへ

樹齢200年から1000年までの約150本の杉の大木に囲まれ、厳かな雰囲気の中に佇む神社。景行天皇12年に創建され、奈良時代に泰澄が社殿を修復したと伝わります。本殿正面にある「粟に鶉」と「竜と脇障子」の彫刻は県の重要文化財に、巨木の森と背面のブナの森は県の天然記念物に指定されています。織田信長、徳川家康らも厚い信仰を寄せたといわれる白山中居神社は、白山開山以前に存在していたと言う古社で、標高約700mの高原、石徹白集落の集落を見渡せる一番奥まったところにあります。地元の人々に大切に守られてきた神の宿る杜。厳かな聖域への参拝は心洗われる体験になるでしょう。※神社周辺は、冬場には非常に雪深くなるエリアです。ノーマルタイヤでの参拝は危険です。正式参拝・ご祈祷・御朱印・お守りをご希望される方は参拝前に「白山中居神社 宮司 石徹白洋子:0575-82-5201」まで問い合わせの上お出かけください。

<C_010>阿弥陀ヶ滝・白山文化博物館コース「ナチュラル&リラックス名瀑・阿弥陀ヶ滝と白山文化を訪ねるリトリートの旅」

周辺には150本を超えるという巨木の森に囲まれ、荘厳な雰囲気を漂わせる境内。

本殿の彫刻は、江戸時代の作で、岐阜県重要文化財に指定されています。

御朱印をいただきたい場合は、必ず参拝前にお問い合わせください。

車 10分

天然温泉・満天の湯

日本有数の炭酸水素塩温泉。
癒しの旅の締めくくりに、温泉でリラックス

郡上市白鳥にある天然温泉「満天の湯」は、標高1000mの絶景が広がる開放感たっぷりの大露天風呂が自慢の温泉施設です。自然に囲まれたロケーションの露天風呂から望む景色は絶景で、春夏は緑の山々、秋は紅葉、冬は雪景色、そして、夜には満天の星空を眺めることができます。1室4人で利用できる個室露天風呂もあるので、プライベートな時間を満喫したい家族連れやカップルにもおすすめ。泉質は日本有数の美肌の湯として知られる炭酸水素塩泉で、無色透明。余分な皮脂や角質を除去し、お肌が滑らかになります!敷地内には、1日8組限定の宿泊施設「満天の宿」もあるので、のんびりと一泊旅行も良いですね

清々しい緑の山々を眺めながら、のんびり癒される最高のリラックスタイム。

秋には紅葉の風景を楽しんで。

冬には雪景色。開放感たっぷりの眺望が楽しめます。

周辺マップ

モデルコースの
リクエスト

リクエスト

郡上の楽しみ方をもっと知りたい方は、モデルコースの作成をTABITABI郡上編集部にご依頼ください。「史跡を巡るモデルコースを知りたい」「秋に巡るモデルコースを知りたい」など、リクエストにお応えし、今後のモデルコースのラインナップに加えていきます。

※編集会議にて企画しますので、全てが掲載されるわけではありません。 ご理解ご協力いただきますようお願いいたします。