郡上ならでは!の体験を楽しむ

郡上ならでは!の体験を楽しむ

食品サンプルの町・郡上八幡で
本物そっくりの
天ぷら作りにチャレンジ

郡上八幡は、食品サンプルの製造が盛んで、その生産量は日本一を誇ります。食品サンプルとは、レストランの店頭などに陳列される本物そっくりの食品メニューの模型のこと。さかのぼること80年以上前、郡上八幡出身の岩崎瀧三氏が、ロウソクから溶けたロウが水たまりに落ち、そのロウが梅の花のようになったことに感動したところから、食品サンプル作りがスタートしました。そんな歴史を持つ郡上には、食品サンプルの手作り体験ができる工房がいくつもあります。

サンプルビレッジいわさき

食品サンプル創作館 さんぷる工房1
食品サンプル創作館 さんぷる工房2
食品サンプル創作館 さんぷる工房2
食品サンプル創作館 さんぷる工房1
食品サンプル創作館 さんぷる工房2
食品サンプル創作館 さんぷる工房2

0/0

食品サンプル創作館 さんぷる工房1
食品サンプル創作館 さんぷる工房2
食品サンプル創作館 さんぷる工房2
食品サンプル創作館 さんぷる工房1
食品サンプル創作館 さんぷる工房2
食品サンプル創作館 さんぷる工房2

まずご紹介するのは、食品サンプルの生みの親・岩崎氏が創業した岩崎模型製造株式会社が運営する「サンプルビレッジいわさき」。
キーホルダー、マグネットなど思わず「おいしそう!」と手に取らずにはいられない食品サンプルグッズの数々は、さすがのクオリティです。巨大なピザやソフトクリーム、こぼれかけのコーヒーカップなどと一緒に記念撮影も楽しめます。
サンプル作り体験はパフェやラーメン、寿司など10種類ほどから選ぶことができ、家族やグループでそれぞれ違うものが作れるセットメニューも。今回は一番人気の「天ぷら&レタス作り」にチャレンジ。ここではエビの天ぷらの作り方を見ていきましょう。

まず、液状のロウを20~30cmの高さからお湯の中に落とします。お湯の温度は約40℃。ロウがゆっくり固まる温度です。
お湯の中のロウが長方形に近くなったら、しっぽが下を向くようにエビを持ち、ロウの上にエビを置きます。しっぽを持ったまま衣を包み込むようにエビに接着し、くるりとひっくり返して形を整えます。強く触ると天ぷららしさが出ないので注意を。やさしいタッチでさくっとした仕上がりを目指します。余分な衣を取り除き、最後は水で冷やして固めてできあがりです!
スタッフがていねいに説明とフォローをしてくれるので安心。大人と一緒なら3歳くらいの子どもから楽しめます。

サンプルビレッジ
いわさき

「スイーツタルト・
オムライス」など
ほかにもユニークで多彩な
体験メニューにワクワク!

食品サンプル創作館 さんぷる工房

食品サンプル創作館 さんぷる工房1
食品サンプル創作館 さんぷる工房2

0/0

食品サンプル創作館 さんぷる工房1
食品サンプル創作館 さんぷる工房2

城下町エリアの一角にたたずむのが「食品サンプル創作館 さんぷる工房」。食品サンプルを見て、作って、買って、その魅力に存分にふれることができます。築150年の風情ある町家の中に入ると、ほぼ実物大で作られた色とりどりの食品サンプルアイテムがずらり。こちらで人気なのが、「スイーツタルト作り体験」です。好きなフルーツを選び、タルトの台にホイップを流し込んでデコレーション。難易度が低く年齢制限もないため、小さな子どもでも参加できます。カップアイスがこぼれたような姿のスマホスタンド作りも好評です。町歩きの途中で立ち寄って、ぜひ気軽に挑戦してみてください。

食品サンプル創作館
さんぷる工房

山の中のさんぷる屋

山の中のさんぷる屋1
山の中のさんぷる屋2

0/0

山の中のさんぷる屋1
山の中のさんぷる屋2

白鳥エリアにある「山の中のさんぷる屋」では、ふんわりとした卵に美味しそうな焼き目をペイントしたり、トマトケチャップをかけたりと、複数の工程が楽しめるオムライスや、ハンバーグ、たこ焼き、パフェなど、ほかにはない10種類もの多彩な体験メニューがそろいます。なかでも一番人気なのは、タルト生地に生クリームをホイップし、何十種類もあるフルーツなどのトッピングを好きなだけ選べる「デコスイーツトッピング付け放題」。広々としたスペースでゆっくりと製作できるのが魅力です。家族やグループで訪れ、それぞれ違うメニューを同じテーブルで作ることもできます。周辺は阿弥陀ヶ滝など豊かな自然に恵まれているので、合わせて楽しむのもいいですね。

山の中の
さんぷる屋

食品サンプル作り体験ができるお店