明宝アイコン

寒水の掛踊

かのみずのかけおどり

タグ:
#伝統
#寒水
#文化財
#白山
#神社
#祭
#芸能

寒水白山神社に約300年前から伝わる祭礼で、毎年9月の第2日曜とその前日に行われます。国の選択民俗芸能、岐阜県重要無形民俗文化財に指定され、地元男子約80人が役者に扮し、掛踊が行われます。長さ3.6mのしないと呼ばれる竹製の飾りものを背に負った4人の若者の勇壮な舞いが見物。

基本情報

住所
〒501-4302 郡上市明宝寒水1203-1
交通アクセス(車)
東海北陸自動車道  郡上八幡ICからおよ25分
駐車場
普通車30台
電話番号
0575-87-2844
(明宝観光協会)
電話番号(その他)
(問い合わせ先)
公式サイト
http://www.gujomeiho.jp/about2_1.html

施設サービス

対応

対応していません

小さなお子様をお連れの方

  • 授乳室
  • おむつ交換台
  • キッズスペース

バリアフリーサービス

  • 車椅子対応トイレ
  • スロープ/エレベーター設置
  • おもいやり駐車場

ペットをお連れの方

  • ペット同伴可
  • ペット専用スペースあり
  • キャリーバッグにて同伴可能

海外からの訪問者向けサービス

キャッシュレス対応

  • クレジットカード
    ( VISA / MASTER / JCB / AMEX / Diners / 銀聯 )
  • 電子決済

拝殿前の踊りでは、4人の若者の激しい舞いが見もの。お化粧した可愛らしい男児の花笠や勇ましい奴、お面をつけた大黒舞など約80名の大行列も圧巻です。

ねこ編集長

ねこ編集長

とっておき情報

この記事をシェアする

0
This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed. New posts will not be retrieved for at least 5 minutes.

周辺マップ