明宝歴史民俗資料館・春のお花見コース
古い木造校舎で過去へタイムスリップ?!
春のお花見と明宝温泉の旅

明宝歴史民俗資料館・春のお花見コース「古い木造校舎で過去へタイムスリップ?!春のお花見と明宝温泉の旅」 明宝歴史民俗資料館・春のお花見コース「古い木造校舎で過去へタイムスリップ?!春のお花見と明宝温泉の旅」

斜面一面に広がる芝桜が絶景

季節ごとにいろいろなフレーバーが味わえます

滑らかな味わいの本格イタリアンジェラート

美しい日本の春色に触れる、明宝エリアの春の旅。古い木造校舎の「明宝歴史民俗資料館」では、どこか懐かしい風景の中、ゆったりと流れる時間を満喫できます。

善兵衛桜
車アイコン
3分
國田家の芝桜
車アイコン
15分
道の駅明宝 磨墨の里公園
徒歩アイコン
徒歩
1分
明宝ジェラート本店
車アイコン
5分
明宝歴史民俗資料館
車アイコン
20分
明宝温泉 湯星館(ゆせいかん)

善兵衛桜(ぜんべえざくら)

開花時期:4月中旬

旅のはじまりは、推定樹齢300年、郡上市天然記念物指定のエドヒガンザクラにご挨拶

岐阜県郡上市明宝大谷にある「善兵衛桜(ぜんべえざくら)」は、幹まわり約3m、樹齢は推定約300年というエドヒガンザクラの古木です。元々は墓標として植えられ、この土地の所有者が代々『善兵衛』を襲名していることから名付けられました。支えなしで自立する全国最大級の一本桜であるとして、平成18年に郡上市の天然記念物に指定され、大きく張り出した枝振りの優美な姿が人々の目を楽しませます。有志団体「善兵衛桜を守る会」により、毎年4月中旬の花の時期にはライトアップも行われ、宵闇の里山に美しく浮かび上がる優美な姿は幻想的。一見の価値のある桜です。アクセスは、郡上八幡より国道472号「せせらぎ街道」を明宝方面に進み、「道の駅明宝 磨墨の里公園」から徒歩5分(約200m)。道中、川沿いに咲くソメイヨシノの桜も綺麗ですよ。

明宝歴史民俗資料館・春のお花見コース「古い木造校舎で過去へタイムスリップ?!春のお花見と明宝温泉の旅」

24mに及び、左右に大きく張り出した枝ぶりが見事。見頃の時期には多くの人が訪れる。

明宝歴史民俗資料館・春のお花見コース「古い木造校舎で過去へタイムスリップ?!春のお花見と明宝温泉の旅」

周囲の里山風景と、古木の姿に癒される。

こぼれ落ちそうな桜が風に揺れ、優美な姿を見せる。

車 3分

國田家の芝桜(くにたけのしばざくら)

開花時期:4月下旬〜5月上旬

敷地一面に広がるピンクの絨毯
甘い香りと里山の風景に癒される

4月下旬から5月の連休にかけて見頃を迎える「國田家の芝桜」。里山の斜面一面に広がるピンクや白、薄紫色の花畑は、昭和36年頃から國田かなゑさんがコツコツと植えて育てたものだというので驚きです。一歩踏み入れれば、甘い香りに包まれるような幻想的な風景は、どの角度から眺めても絶景。現在は「國田家の芝桜を愛する会」の人々によって管理されています。これまで平成4年には「農林水産大臣賞」、平成8年には「内閣総理大臣賞」を受賞した経歴もある、日本一の花畑は、この季節にはぜひ訪れたいスポットです。※普通車のみ通行・駐車可(中型、大型車は通行・駐車できません)

明宝歴史民俗資料館・春のお花見コース「古い木造校舎で過去へタイムスリップ?!春のお花見と明宝温泉の旅」

記念撮影スポットのフレーム。フレーム越しに眺める風景は美しい絵画のよう。

明宝歴史民俗資料館・春のお花見コース「古い木造校舎で過去へタイムスリップ?!春のお花見と明宝温泉の旅」

一面に色鮮やかな絨毯を広げたような光景で、ほんのりと甘い花の香りが立ち込めます。

明宝歴史民俗資料館・春のお花見コース「古い木造校舎で過去へタイムスリップ?!春のお花見と明宝温泉の旅」

約3500㎡の畑地に植えられた芝桜は、地域の人々の協力によって守られています。

車 15分

道の駅明宝 磨墨の里公園(するすみのさと こうえん)

地元のグルメが集合!
せせらぎ街道随一のビュースポット

郡上八幡と飛騨高山を結ぶドライブコース「せせらぎ街道」の中ほどにある道の駅。広い駐車場の中央に建つ、名馬「磨墨(するすみ)」の像が目印です。背景に見える山々は四季の彩が美しく、春は新緑、夏は深緑、秋は紅葉、冬は雪景色を眺めることができるエリア随一のビュースポット。 また、明宝ハムや明宝トマトケチャップをはじめ、地元や近隣地域の特産品が充実した売店や新鮮な野菜が並ぶ朝市も人気。地元グルメを味わうことができるテナントも併設されており、いろりのある休憩所では、川魚の塩焼きが味わえます。

10月下旬頃から、背景の山が徐々に紅葉に染まってゆく。広い駐車場があり、ドライブの休憩スポットにぴったり。

「咲」の五平餅は一本づつ手作りで、自家製のくるみだれが香ばしい。既成の五平串ではなく割り箸をつかっているのも「太い串だと食べにくいからね」とお父さんの心配り。

明宝ハムの直営店「明宝ミート」では明宝フランクフルトや明宝ハムフライなどのスナックを味わうことができる。

徒歩 1分

明宝ジェラート本店

どれにするか、迷っちゃう!
郡上の自然が生んだ美味しい水を使った本格イタリアンジェラート

明宝エリアのスイーツといえば「明宝ジェラート」。明宝ジェラート本店は「道の駅明宝 磨墨の里公園」の向かいにある人気のジェラート専門店です。岐阜の飛騨牛乳をベースにしたミルク系フレーバーや、郡上の美味しい水を使用したシャーベットをはじめ、季節限定の様々なフレーバーの本格イタリアンジェラートを楽しむことができます。素材へのこだわりが感じられるジェラートは、滑らかな食感と濃厚なのにさっぱりとした後味です。

ショーケースにはカラフルなジェラートが。季節ごとにいろいろなフレーバーを味わってみたい。

東京スカイツリーなど全国に出店する「明宝ジェラート」。里山風景の中で味わうジェラートは格別。

滑らかな味わいの本格イタリアンジェラート。濃厚なのに後味さっぱりの美味しさ。

5分

明宝歴史民俗資料館

ノスタルジックな木造校舎で先人の暮らしと知恵に触れる

廃校になった古い木造二階建校舎(旧明方小学校)をそのまま使用した資料館には、民具、古文書、おもちゃ、人形など、47,000点あまりの収蔵品が展示されています。そのうち国の重要有形民俗文化財に指定されているものは3,594点にのぼり、炭焼きや養蚕、雪対策や水事情、食事や着物など、この地域で先人の生きてきた知恵を辿る貴重な資料となっています。資料館では、地元のお年寄りによる独自の語り口の説明案内も。敷地内の東側に建っている講堂は、2015年に放送されたテレビドラマ「三つの月」のロケ地としても使用され、白い格子窓が特徴的です。

昭和12年に建てられた希少な古い木造校舎をそのまま使用した資料館。

資料館の中には貴重な収蔵品がたくさん。ほとんどの展示品は実際に手にとってみる事ができます。

テレビドラマ「三つの月」のロケ地にもなった講堂。

車 20分

明宝温泉 湯星館(ゆせいかん)

お肌がツルツルになる良質温泉と岩盤浴でリラックス

「明宝温泉 湯星館(ゆせいかん)」は天然温泉日帰り入浴施設で、めいほう高原エリアにあります。昼は大自然の息吹を肌で感じながら、夜は満天の星空を仰ぎながら、開放感あふれる露天風呂にのんびり浸かる至福のひとときを過ごすことができます。アルカリ性単純弱放射能温泉の泉質をもつ、からだにやさしい温泉で日帰り入浴を楽しめば、旅の疲れもリフレッシュ。妙礫石(みょうれきせき)が放出する遠赤外線とマイナスイオンで心と体の疲れを癒す「岩盤浴」や、おふくろの味が楽しめるレストランも併設され、のんびりと過ごすことができます。

開放感のある露天風呂では、明宝の大自然を肌で感じてリフレッシュ。夜は満点の星空を眺めながら湯につかれば贅沢な気分に。

ゆったり温泉を満喫できる広い大浴場。ジェットバスや気泡浴で旅の疲れを癒して。

手作りの味処「ゆうゆう」では、A5ランクの飛騨牛鉄板焼き定食や、鶏ちゃん定食、明宝ハムステーキ定食などが味わえます。

周辺マップ

モデルコースの
リクエスト

リクエスト

郡上の楽しみ方をもっと知りたい方は、モデルコースの作成をTABITABI郡上編集部にご依頼ください。「史跡を巡るモデルコースを知りたい」「秋に巡るモデルコースを知りたい」など、リクエストにお応えし、今後のモデルコースのラインナップに加えていきます。

※編集会議にて企画しますので、全てが掲載されるわけではありません。 ご理解ご協力いただきますようお願いいたします。