奥飛騨の天空の城 郡上八幡城

日本最古の木造再建城 奥美濃の天空の城
「郡上八幡城」

郡上八幡エリアのシンボル「郡上八幡城」は別称「積翠城(せきすいじょう)」とも呼ばれる、美しい山城です。明治4年(1871年)の廃藩置県とともに廃城となった城は、翌年から石垣を残してすべて取り壊されました。現在の城は、昭和8年(1933年)、当時の大垣城を参考に再建され、木造4層5階建の天守閣は郡上市重要文化財に、一帯の石垣すべてが県史跡に指定されています。