スキー場の新たな価値を提案。郡上の「滑らない雪あそび」とは? イメージ

スキー場の新たな価値を提案。郡上の「滑らない雪あそび」とは?

スキー場といえば、スキーやスノーボードを楽しむ“だけ”の場所だと思っていませんか? 郡上のスキー場 では、ここ数年で、滑らなくても楽しめるスポットやアクティビティが次々に登場しています。一体どんな体験ができるのか、編集部がご紹介します。

標高1,500mに浮かぶ雲の上カフェ「TAKASU TERRACE」

タカステラス外観

まずご紹介するのは、若者に人気のスキー場「高鷲スノーパーク」の山頂にある「TAKASU TERRACE」。ゴンドラ1本で辿りつく、標高1,500mにある雲の上の絶景beachカフェです。

TAKASU TERRACE内装
スノーボードグラフィック展示

店内にはのんびりくつろげるスペースがあり、まるでビーチリゾートのような雰囲気。
一角には、老舗スノーサーフブランド【PIONEER MOSS】とのコラボレーションによって、限定モデルのスノーボードやそのグラフィック原画が飾られています。

「TAKASU TERRACE」の今シーズンイチオシのメニューはBEACHバーガーです。
ふんわりもちもちのバンズと、そのバンズから大きくはみ出した食べごたえバツグンの分厚いベーコン。
どちらも地元“ひるがの”産の手作りで、見た目も味も絶品です!

ドリンクは、濃厚なひるがの高原牛乳を使った「HIRUGANO MILK」シリーズが人気。イチゴ、キャラメル、マンゴー、チョコバナナと、種類が豊富。また、世界各地のBEACHをイメージした、オリジナルのノンアルコールカクテルもあります。雪を眺めながら、おしゃれなバータイム気分♡

高鷲テラス
ライターの松野 栞ちゃんと、「高鷲スノーパーク」営業部の稲宮吉明さん。

そして、何よりの自慢はテラス。裾野には、ひるがの高原スキー場や、西洞宿泊街、鷲ヶ岳スキー場などの高鷲エリアが広がり、その先には、御嶽山や乗鞍岳、北アルプスの山々までを見渡すことができます。雪が降ると、目の前は一面の銀世界。運がよければ、雲海が見られることも!
近年は、海外でも雪が降らない地域からのお客さんも多いそうで、ここの景色を眺めるだけでも、とても喜んでいただけているそうです。

「スキー場なんですけど、カフェのみのご利用でも全然大丈夫です! ここをきっかけに、これまでスキー場に足を運んだことがなかった方にも来ていただけると嬉しいですね」と、高鷲スノーパーク営業部の稲宮吉明さん。

「TAKASU TERRACE」は、まさに、ここを目的地にしたくなるようなカフェですよ。

◎TAKASU TERRACE (タカステラス)(2021-22 準備中)
「高鷲スノーパーク」でゴンドラに乗って絶景の山頂カフェへ ★ご来店前にオンラインでチケット購入(準備中)をするとお得です!! 平日10:00~15:30 土日祝9:30~15:30 ※ラストオーダーは全日15:00

「高鷲スノーパーク」へお問い合わせ

スノーアクティビティで冬を思いっきり感じよう!

◎お手軽スノーシュー体験&フォトジェニックな展望台ツアー

スノーシュートレッキングをする女性2名

スキーやスノーボードが滑れなくても雪山の絶景や空気感が楽しめる「ホワイトピアたかす」のスノーシュー体験。
見晴台への往復リフト券にスノーシューのレンタル代も含まれているため手続きが簡単!手軽に参加できます。

リフト券を購入後、リフト乗り場でスタッフの方からスノーシューを受け取りリフトに乗車。いざ山頂へ!

リフトを降りた後は景色を楽しみながら見晴台へ向かいます。
スノーシューは雪深いところもサクサク歩けて歩き心地は快適♪
タイミングがよければ新雪のふかふかな雪の上を歩けるかも!?
ゆっくり登って10分ほどで到着する展望台へのコースは、適度な坂道で運動が苦手な方にも楽しく歩くことができます。

ホワイトピアたかすの展望台

見晴台へ到着すると、目の前には絶景が!
天気がいいと白山連峰まで見渡せ、ステキな写真が撮れること間違いなし。
友達や家族と記念撮影を楽しみましょう♪

帰りもリフトでラクラク下山。普段乗ることのない下りのリフトはなかなかのスリルです!
絶景を楽しみながら下山します。
リフトを降りたらスタッフにスノーシューを返却して体験は終了です。

◎展望スノートレッキング(2021-22 準備中)
2020−21シーズンから開催のリフトとスノーシューを使って見晴台を目指すスノーアクティビティ。 料金:1,200円(税込) チケット売り場で専用のチケットをご購入ください。

「ホワイトピアたかす」詳細へ

◎新しい雪の楽しみ方「乗車型アクティビティ」を紹介!

スノーモービルをする女性2名

「高鷲スノーパーク」では、キッズパーク内に「スノーモービルランド」が1月末にオープン予定!
ゲレンデでよく見かけるあこがれのスノーモービルを、なんと自分で運転できちゃいます!

大型バイクのようなスタイリッシュな機体は写真映えもバッチリ!
アクティビティは約15分のコースで、最初にスタッフから運転操作のレクチャーがあるので初めての方でも安心! 
1台に最大2人で乗ることができるので友達や親子、カップルで楽しめますよ♪
小型のスノーモービルもあるので、自転車に乗れるお子さんなら1人でも乗車可能です。

◎スノーモービルランド(2021-22 準備中)
「高鷲スノーパーク」キッズパークのご利用の方が対象。 【土日祝限定】での開催です。1月下旬OPNE予定

「高鷲スノーパーク」へお問い合わせ

「ひるがの高原スキー場」は、土日限定で「スノーラフティング」が楽しめます。ラフティングボートに乗って、ゲレンデ特設のコースを約5分間かけて、かけ抜けます。

◎スノーラフティング(2021-22 準備中)
「ひるがの高原スキー場」のファミリーに人気のアクティビティー。 ラフティングボートに乗ってゲレンデ特設のコースを走ります。お子様から大人まで幅広くお楽しみいただけます。グループで是非ご利用ください! 1名様1回:500円(大人・子供同額)

「ひるがの高原スキー場」へお問い合わせ

ファミリーの雪あそびの定番!海外観光客にも人気のファミリーパーク

Baboon施設外観

「TAKASU MOUNTAINS」では、ファミリーパークやキッズランドと呼ばれる、家族向けの雪あそび施設が充実しています。

「ダイナランド」には、スノーエリア「Baboon」があります。エリア内に乗り降りが楽チンなムービングベルト付きソリ専用ゲレンデ「Snow Baboon」があり、7種類のソリバイキングも用意されています。オーソドックスなものから、ハンドルを握れるもの、キックボード式など、お好みでどうぞ!

◎Baboon(バブーン)(2021-22 準備中)
「ダイナランド」の親子でたっぷり遊べるスノーエリア。室内遊具エリアやレストランも併設されていて悪天候時でも安心です。

「ダイナランド」へお問い合わせ

◎ひるがもキッズランド(2021-22 準備中)
ロングソリコースや雪山遊びなどが楽しめるキッズエリア。「スノーエスカレータ―」も完備です。毎週土曜日、日曜日にはキッズイベントの「ファミリーゲーム大会」を開催しています。

「ひるがの高原スキー場」へお問い合わせ

キッズパーク「パンダルマン冒険広場」

「鷲ヶ岳スキー場」にはキッズパーク「パンダルマン冒険広場」があります。ちびっこに人気の雪の滑り台や30mソリコースで遊べます。こちらもムービングベルト付き。

◎キッズパーク「パンダルマン冒険広場」(2021-22 準備中)
2021年よりチュービングコース「ホワイトアドベンチャー」も開催予定。毎週火曜のレディースデーは女性の方は(お母さん・おばあちゃんも)入場無料。スキーを始めたいお子さま向けの「クレヨンしんちゃんキッズスクール」もあります。

「鷲ヶ岳スキー場」へお問い合わせ

開始時期については、各スキー場の公式ホームページでチェックしてくださいね。

“滑らなくても”雪山をリゾート地として楽しんでもらう。

日本ではごく当たり前にある雪景色は世界的にも珍しく、日本以外には北欧や北米のごく一部だけだと言われています。
近年では、海外からのお客さんも増加傾向にあり、冬の遊び方も少しずつ変わってきています。
ビーチリゾートでカクテルを片手に夏の海を感じるように、真っ白で壮麗な冬の雪山を眺めながら温かいホットチョコレートを楽しみ、さまざまなアクティビティに出かける。
そんな「スノーリゾート」としての過ごし方が増えていくのは楽しみですね。

スキーやスノーボードはハードルが高いと感じている人でも、雪の楽しみ方はいろいろあります。
ぜひ新しい雪あそびを体験してみてください。


G.O.E.では今後も郡上の“滑らない雪あそび”を発信していきます。

公式インスタグラム @gujo.outdoor.exp


RELATED POSTS
関連する記事